・・・前回の続きになります。

ある日、私の携帯電話がなりました。
私のマンションの入居者の方からです。

私:「どうかされましたか?」
入居者:「昨日、大勢のチンピラの様な人達が訪ねてきて、000号室のAさん(以前から家賃滞納している夫婦)の行き先を探している様です」
私:「探しているというと?」
入居者:「昨日、Aさんマンションを退去された様ですが、違いますか?」

この段階で、私は、000号室のAさんが夜逃げしたのだとわかりました。
以前から家賃滞納してお金に困っていたので、ヤミ金かなにかに手を出していたのでしょう。
ヤミ金からの取り立てがきつくなり夜逃げをしたものと思われます。
私は、すぐさま家賃保証会社へ電話して、Aさんが夜逃げした様であると伝えました。
数日後、家賃保証会社は、私のマンションに訪ねてきて、警察官2人立ち合いのもと、安否確認のため部屋に入ることになりました。
部屋に入ったところ、ほぼもぬけの殻の状態でしたが、ほんの少しだけボロボロの家具が放置されています。
警察官により、夜逃げとの判断を頂き、一旦は解散となりました。
その後、家賃保証会社は、ボロボロの家具を引き取りにきて、正式に契約解除となりました。
家賃滞納の挙句の果ては、夜逃げというのが多いのかもしれません。

その後、家賃保証会社は行方を捜した様ですが、行方はわからなかった様です。
しかし、その後、私のもとには、市内のどこそこで見かけたとの情報が入居者からもたらせられましたが、深追いは危険です。
家賃保証に入っていたおかげで、ほとんど回収できましたので、私としては実損はありません。
私としては、この6ケ月間、滞納→家賃督促→家賃保証会社の繰り返しでしたので、逆に出ていかれてホットしました。
ただ可哀そうなのは、お二人のお子さんたちです。
親が夜逃げして回る子供たちの居場所はあるのでしょうか?
その後、小学校に行っていた長女は、すぐに転校した様です。
でも私は知っています。
今どこに住んで、子供はどこの小学校と保育園に通っているのかも。
私の取引のある不動産屋さんにその後部屋を探しにきた様です。
また家内も外出中に、この夫婦が平日昼間市内のパチンコ屋から出てくるのを見かけています。

たとえ長く空室が空いていても、入居審査が甘かったら、この様な夜逃げ夫婦が入居してくるという勉強となりました。