入居者が不動産屋さんに案内されて建物をみる時に、エントランスの印象が一番頭に残るそうです。
エントランス周りが汚れていたり、ポストのチラシが散らばっていたりすると、その段階でマイナス点になります。
また、エントランス周りに植栽があるかないかでも、イメージが違ってきたりします。

私のマンションにもエントランスに植栽をしています。
ずっとサツキを植えてきました。
サツキは、5月頃に綺麗なピンク色の花を咲かせてくれるのですが、一昨年から花つきが悪くなり、今年はほんの少ししか花が咲きませんでした。
私は、花の育て方には無知なので、原因はわかりませんが、場所が北向けで午前中の数時間しか日光が当たらないのと、夏場の水やりが少なかったのが原因かもしれません。
残念ですが、今のサツキには別れを告げて、あたらしいサツキを植木市で購入してきました。
植木屋さんのアドバイスに従って、今の土も根こそぎかえることにしました。
もし土にタバコの吸殻などが捨てられたり、猫のおしっこがかかっていたりすると、買ってきたサツキも短命になるとのことです。
よって、ホームセンターで80リットルの土を購入し、すべて入れ替えました。
土を入れ替えるのが、こんなに大変だとは思いませんでした。
冬場なのに汗がぐっしょりです。
土を掘り返していると、中からカブトムシの幼虫が数匹出てきました。
よくこんな街なかの狭いところにカブトムシの幼虫がいるもんだなとびっくりしました。
ようやく2時間ほどかけて、サツキの植え替えが終わりました。
もしうまくいけば来年の5月頃にまたピンクの花を咲かせてくれることでしょう。

この様にマンションのエントランスに植栽をすることは、マンションのイメージアップに一役買います。
花壇の様なスペースが無ければ、植木鉢をいくつか置いてもいいと思います。
マンションの大家さんが、植木や花に水をあげている姿は、入居者にも喜ばれます。
ほんのちょっとした花の話で入居者と打ち解けたり出来るのも花の効果ですね。

私のマンションのお隣は、一般のお宅ですが、ここにご高齢のおばあさんが家族と一緒に住んでおられます。
お庭でいろいろな野菜を育てられていますが、いつも挨拶すると、お野菜を頂けたりします。
キューリやインゲン豆、夏場にはめずらしくゴーヤを頂きました。
私と年齢が大分違う高齢の方なので、あまり共通の話題がないですが、お野菜を通じてお話が出来たりします。
お野菜を頂いたお礼に、私の行き付けのお餅屋さんでお餅をかってお返ししたりします。
一昨年の台風のときに、マンションの屋根を押さえる棟板金が強風で飛んだのですが、真っ先にこのおばあさんが電話で知らせてくれました。
野菜や花は人の心も潤してくれます、大変ありがたいことです。