大空室時代で大家さんも不動産仲介会社だけに頼るだけでなく、自分自身でいかに空室を埋めるかを考えないといけない。
これは、すぐに100%自分で空室を募集することを言っているのではない。
駅前に店舗を持ち、不動産ポータルサイトへ広告できる不動産仲介店舗の協力なくして空室を埋めることは不可能であり、あくまでも主軸は不動産仲介店舗を通しての空室募集である。
それを補完する形で、大家自ら募集を行うことである。
大家自ら募集することで、市場の需要と供給の状況を知ることができるし、ダイレクトに入居者が今何を求めているかを知ることができる、さらに自分の所有物件の強み弱みを実感することによって、不動産仲介店舗への働きかけを強めることもできる。
では、どうやって大家が自ら募集するのか?と言えば、
アナログ的には、以前にもブログで紹介した新聞折り込みやポスティングがあるが、今はインターネットで物件を探す時代である。

そこで2つの方法があるので紹介したい。
一つは、ウチコミという大家さんが自ら募集するサイトに登録することである。
最近は結構ウチコミを見る人も増えているらしくポチポチ問い合わせもあるらしい。
しかし市によっては、登録物件数が5物件くらいしかなく、こんな物件数の市では掲載しても恐らく問い合わせはないのだろうか。
私自身も一時興味を持って掲載することも考えたが、2つの理由で登録をとりやめた。
一つは、私の所有物件の所在地の市には、5件ほどしか物件が登録されていないからである。
もう一つの理由は、ウチコミが大家さんの自己完結型でないことである。
問い合わせがあった場合は、大家さんにでなくエージェントという不動産屋さんに問い合わせが入って、エージェントが物件の内覧や契約を行う。
結局手間のかかる物件登録を大家にさせといて、実態は不動産仲介に他ならない。
テレビ広告では大家さんが直接募集するサイトと言っているが、なんか果たして正しい広告かどうか疑問である。

もう一つはジモティーに登録することである。
本来、ジモティーは、不用品サイトであるが、賃貸募集コーナーもある。
こちらもポチポチ問い合わせがあるとの話を聞いたので、私も何度か登録してみた。
すると、問い合わせが1ケ月に5件ほどあったが、大半はいたずらの可能性が高い問い合わせだった。
中には、本気かいたずらか判断のつかない問い合わせがあったが、成約につながる問い合わせがくる事はなく、その間に不動産仲介店舗で成約してしまった。
ただ不思議なことに大家自らが動くことによって、成約が早まっているという感じがしてならない。
皆さんも試しに利用してみてはいかがだろうか。