現在、入居者のお部屋探しは、インターネットが主流となっています。
不動産会社来店前に、インターネットで検索して、候補を1つないし2つに絞り込んだ上で来店する様です。
もちろん不動産会社に来店してから、候補以外の紹介されたお部屋を内覧して、最終的にそちらに逆転することもあります。
しかし、やはり多くは、インターネットで選ばれているお部屋が契約される確立が高いということです。

それでは、あなたの物件は、インターネットにきちっと掲載されているでしょうか?
掲載といっても、あまり人が見ない不動産会社のサイトに掲載されても意味がありません。
3大ポータルサイトと言われている、スーモ、ホームズ、アットホームに掲載されているかどうかです。
是非、一度あなた自身の眼で、自分の物件が掲載されているか確認して下さい。
もし掲載されていないならば、管理会社なり、依頼をしている不動産会社へ強く掲載を働きかけるべきです。
それでも掲載されない様であれば、管理会社を変えるなり、依頼する不動産会社を変えたほうが良さそうです。

また掲載内容もじっくり確認してください。
あなたの物件の特長が、掲載内容に反映されているか、写真は適切に掲載されているか、条件は間違っていないか等を入念に見ておく必要があります。
例えば、インターネット無料というあなたの物件の最大の特長が、まったく書かれていなかったり、写真がリフォーム前の古いままだったりします。
そんな場合は、遠慮せず管理会社や不動産会社へ連絡して変更をお願いするべきです。
商品が間違って紹介されているのに黙っている商店主であってはなりません。
不動産会社は何百というお部屋を扱っているので、正しい情報を反映させるのに追いついていないのが実情です。
黙っていてもいつ変更がなされるかわかりませんので、大家の方から積極的に働きかけるべきです。
どこの不動産会社もうるさい大家には慣れているはずなので気にする必要はまったくありません。
特に写真はとても大事です。
写真の撮られ方一つで、お部屋のイメージ評価が上がったり下がったりします。
もし、あまり良い写真ではないと思ったら、大家さんが写真を取り直して、持ち込んでもいいかもしれません。
また最近では動画も載せられる様になっていますので、動画撮影できる様であれば、これも持ち込んでもいいです。
サイトによっては、動画が掲載されていると注目度が高く設定されて、入居者に見られる確立も高まるそうです。