空室をリフォームした後は、どうされていますか?

せっかく綺麗にリフォームしたなら、ここで差別化を図るためにもう一工夫必要です。
それは、空室をモデルルームにすることです。
皆さん、分譲マンションのモデルルームに行ったことはありますでしょうか?
モデルルームでは、家具や家電が並べられて、入居後の生活がイメージしやすくなっています。
賃貸も同じ様に必要最低限の家具を置いて、入居者に部屋のイメージを高めてもらうのです。
これは、かなり効果があります。
一般の空室と、モデルルーム化された空室では、雲泥の差がでるほど成約する確立が変わってきます。

もちろん、分譲マンションの様に、たくさんの家具家電をおく必要はありません。
たくさんの家具だと、成約後の保管場所にも困りますから簡単な家具でいいと思います。
まず玄関にスリッパ立てと玄関マットを敷いておきます。
そしてリビングダイニングには、折りたたみできる二人用の簡単なダイニングテーブルと椅子を置きます。
そのダイニングテーブルには、一輪挿しの花瓶とランチョンマットにお皿とコーヒーカップを2セット並べます。
これだけの家具だけで見違えるほどお部屋のイメージが変わってきます。

複数の空室があるならモデルルーム化するのは1室だけで構いません。
成約したら、次の空室にモデルルーム用の家具を引越しさせていけばいいのです。
家具はイケヤやニトリでお安く調達しましょう。
小物は100円ショップで十分調達できます。
そして募集チラシやネットに掲載する写真にも、このモデルルームを撮影した写真を使うのです。
ものすごく入居者にアピールできること間違い無しです。

私も最初の頃は、空室に何も置いていませんでした。
空室の期間が長くなった部屋を何とか工夫できないかと考えて、駄目もとで1部屋をモデルルーム化したところ、すぐに成約しました。
以降、空室がでるたびに、モデルルーム化したところ、空室の期間が短くなったことを実感しています。
私は、上記の様な簡単な家具のみだけでモデルルーム化していますが、他にもいろいろ工夫しても面白いと思います。
場合によっては、家具は、入居後そのまま使ってもらうことにしてもよいのではないでしょうか?
ただし家電はあまりお勧めできません。
特に冷蔵庫や洗濯機は、他の人が使ったものは女性が嫌がる可能性が高いからです。
家具家電つきのウィークリーマンションは、男性は便利でも女性には敬遠される様です。